カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |
- | -
秋、鬼門
猛暑ですっかり忘れてましたが秋は鬼門でした。
今年は加えてマタニティーブルーやら回避は出来たリストラ宣告やらで
追い込みかけられてる感じ。
気温の変化、日照時間の変化で毎年誘起されているもの。
中学生の頃から。

何がって? 



…鬱。



今はまだ「鬱に襲い掛かられている自分」を客観視できるからいいかなあ。
鬱がやってきたことに腹を立てられる余裕もあるし。

鬱、というのは人間に深みを帯びさせたり
人生のスパイス剤になり得るかというと
決してそんなたいしたものではない。
ほとんどがマイナスだらけだ。 苦しい上いろんなものを失ってしまう。
一部の狂気はある種結晶化し昇華された事もあるのだろうが。

逃げろ!逃げろ!逃げろ!
あいつらはとてもスピードが速くてすぐに追いついてくる。

電源を落とし多くの休息をとるため眠りにつこう。
異常に活性化された回路が閉じることを願って。
自分洞察 | 20:22
comments(0) | trackbacks(1)
文章【片付けられない症候群】
いつも思うのだが私の書くコラムも日記も長い、長すぎる。
きっと雑念が多くて膨大なことを日々考えすぎる上、
片付けるのが下手でなにもかも頭の中に残してしまうので
結果文章がやたらめったら長くなってしまうのだ。

(というわけで、今回は文章を短くしてみました。
が、ただ短いだけで要約できていない、ポイントが不明瞭な文章に。
あー、頭の回転遅いにゃあ。)

いつもだらだらと長い文章を読んでくださるかたがたご苦労様です。
自分洞察 | 23:30
comments(3) | trackbacks(0)
過去日記の中から、夢相談があった。
某所で夢相談。03/11/21。 
一年近く前になった。

【もげじの内容】
教えてください
26才♀ :03/11/21
夢を見た時期:午前3時〜5時
内容:父親に、ものすごい憎悪を抱いた顔され、両腕で首を絞められる。
本当に苦しくて意識が落ちる寸前でした(夢なのに)
この夢の中では、家族関係に関して言い争いをしていたように思います。

当方既婚者で、実家の父親とは月に2,3回会うのですが
こわくて顔を直視できなくなってしまいました。

どういう意味合いがあるのか、教えていただきたいです。

【夢相談の方の返答】
この夢は、あなたが誰かに心配をかけている事を暗示する夢です。
これは、あなたがご家庭に不満を持っている事を暗示しているように思います。
お父さんに首を絞められるのは、
その心配してもらっている人物が身近な人である事
(おそらくお父さんだと思います)、
そして、近い将来、あなたにとってカルチャーショックとも言える、
大きな考え方の変化が訪れる事を意味しているようです。
無論、お父さんがあなたに憎悪の感情を持っている暗示は一切ありませんので、
ご安心下さい。
お父さんが憎悪に満ちた表情は、あなたへの叱咤激励のようですね。
日常の中で、あなたを縛り付けるものがあるような印象です。
しかし、意識が薄らいでいくのは、
あなたが新しい自分に生まれ変わるチャンスを、もうじき得る事を暗示しています。
お父さんにお礼を言ってあげて下さい。


相談の回答が返って来たときは
[ふーん]って感じだったけれども。
最近ちょっと自分の変化を自覚してるので、
今読み返すと、面白いなと思った。
>意識が薄らいでいく
古いのが死んだのだね。

自分洞察 | 00:28
comments(0) | trackbacks(0)
人格障害、補足:今の私の場所
もちろん、他人を傷つけるだけじゃなく、
自分を傷つけることもそれはイコール周りの大切な人たちを傷つけることと同義だと今は知ってる。

もう、自分を傷つけることもこの先無いような気がする。

『周りの大切な人たちを傷つけたくない、だから』って気持ちも、無論あると思う。それは我慢、あるいは自己犠牲、少し自己愛混じりの自己中心的な考えかとも思う。

そうではなくて、今は、周りの大切な人たち、特に、いつも傍に居てくれる私の家族(夫、子供)や、かつては一緒に暮らしていた親兄弟、それらの人らが、私を決して見捨てることなく私を守り続けて支え続けてきてくれたこと。それに気付き私はその気持ちを受け取ることができ、そして私の中でずっと長いこと欠けていたものが埋まり、ひずみが少しづつきれいな向きに収まるようになって。そうして、私は私のことを受け入れられるようになり、自分を傷つける必要ももはやいらなくなった。

今から述べるのは私の中の変化であり、他の人に伝わりにくいかもしれないけど、かつての夫子供に対する愛情よりも今の愛情は少し変化があり、それは表現が難しいんだけれども、強いて自分を誉める形で言うならば、霊的に一段階ステップアップしたところから落ち着いて人のことを愛することができるようになったのかと感じている。

長く苦しかったけど、今、この場所に辿り着けてよかった。
この先また苦しい日もあるかもしれないけど、今日、いまこの場所に居たことを忘れずに思い返せるようにしたい。
周りの大切な人たちに、そして、今の自分に繋ぎ続けてくれた過去の自分へも、感謝の気持ちを。

そして、また、成長していきたいかと思う。

自分洞察 | 09:24
comments(0) | trackbacks(0)
人格障害
大好きだったサイトの管理人さんの書き込み記録より。
この管理人さん、先日お亡くなりになった。
このblogという場を借りてご冥福をお祈りいたします。

・人格障害

この前医者に私が悩んだ末の結論がいつも自殺しようになるのは
私が人格障害だからだ、人格を治す薬なんてない!と訴えた。
医者は僕はどうしたらいい?と答えた。

人格障害は性格の歪みで自分や他人を傷つける。
性格の歪みだから完治することはないかも知れない。
でもできるだけ他人を傷つけないように努力することはできる。
それが自分の病気を知ってしまった人の責任だと思うよ。

(No.12 05月26日(日)10時58分)記入者:


>でもできるだけ他人を傷つけないように努力することはできる。
>それが自分の病気を知ってしまった人の責任だと思うよ。
この言葉を噛みしめてわたしはこれから先を生きてゆきたい。


★人格障害
私が抱え続け悩んできたひとつの疾患。
境界性人格障害。こちらのページなど参照。
自分洞察 | 20:29
comments(3) | trackbacks(0)
さよなら、鬱
仕事に戻ってまもなく4ヶ月になる。
以前のように鬱落ちしないように気をつけ、
そんなに仕事がバリバリ出来るほうじゃないけど、
細く、長く続けられるようにということを心がけて
毎日やっていくことにしている。

精神科に入院し、退院、そのとき一番不安だったのが
仕事も育児も家事もある生活に戻れるか自信が無いということだった。
不安すぎて胸が爆発しそうで頭を抱えてフローリングの上を
ゴロゴロと転げまわっていた(苦笑)

鬱になると、いろいろと損失ばかりが大きくなる。
労働できないから賃金の損失。(社会的信用の損失ってのもある。)
家事が出来ないから外食ばかりになって、食費、生活費の損失。
医療費の損失。
心のスキマを埋めようと、流し込む酒代の損失。
摂食障害だったときは等比級数的に増える食費の損失。
ハタチの頃にダンナと同棲してからいままで、
そんなこんなで、私からお金がどんどんどんどん流れていった。
ダンナにも苦労をかけたと思う。

先日の入院がいままでの鬱のどん底ってわけではなかったけど、
あの頃から、考え方が、変わってきた。
2ヶ月という入院の時間をもらって、
大事なこと、守るべきもの、そういうことがなんとなく自分の中で
順序付けられるようになった。

鬱落ちしたら元も子もないのである。




今気をつけてること。
ご飯を3食きちんと食べる。
アルコールはやめる。
何を差し置いても、子供さえ差し置いても、自分の睡眠時間の確保。
(最近は9時間くらい寝てます)

ネットは頭が覚醒してしまうので、ほどほどに。
仕事ができない人間でも、自分を責めすぎない。
実家の事を考えるとブルーになるので、当分考えず先送り。

たったそれくらいの事だけど、
それを守って毎日を平穏に送るように心がけるようにしてから、
鬱に入る事がすごく減った。




これからも今の生活スタイルを守って、鬱にならないように。
平穏に、平凡な暮らしでいいから。
わたしの大切な家族を守っていけるように。







続きを読む >>
自分洞察 | 16:38
comments(4) | trackbacks(0)
そう、去年は鬱でいろんなことがあった。
今夜はなんとなく時間もあり
日記の整理をしようかと思っていたけれど
気がついたらネットサーフィン。
最後に辿り着いてむさぼり読んでいたのは…
そう、自分のサイトであった。

あちこちにテキストを書き散らしてある。

去年の流産のこと。
鬱だったこと。
精神科に入院したこと。
その他たくさんのログを読み返す。

今改めて読み返すと去年そんなに調子が悪かったのかと
びっくりする。しかも、調子が悪かったのに今より仕事していた。
(仕事量が多すぎたのも鬱の一因だったかも)

現在の私は毎日安定して日々を過ごしています。
朝に半錠の抗不安薬を飲むか飲まないかだけで、
鬱になることもなくなりました。
毎日よく食べぼちぼち働きよく眠って
家事も去年より要領よくこなせるようになっています。

去年は綱渡りで生活していたのだとひしひしと感じた。

今年、今現在は、常に安定を作り上げるよう意識して生活中。

それが、一番なんだよね。
今を大切にしていこう。
自分洞察 | 01:26
comments(0) | trackbacks(0)
サイト運営。
最近は規則正しい生活を心がけてる。
家、仕事、どちらも両立したいし、体も壊したくないから。
睡眠時間をたっぷりとる様になったら、
休日はなにもしない様になったら、
サイト作成が今ひとつ中途半端になってきた。
専業主婦の方と違って家にいる時間が少ないから
PCに向かえないのはしょうがない…。
デザイン、構成、直したいところが沢山。
UPしたい画像、加工したい画像たちも。
でも、夢と消えるかな。

今週は土曜日も出勤。
ゆげじはさっきむにゃむにゃしゃべりながら寝てしまいました。
わたしもゆげじを抱いて2階に上がっていっしょに寝ようかと思います。
今週は仕事が長いから。

サイト運営…、、、 はあぁ。
自分洞察 | 22:50
comments(0) | trackbacks(0)
鬱じゃないシアワセ。
最近は鬱じゃない。
不安感も少なくなってきて毎日仕事にも行けてる家事もできる。
薬も少なくてもそんなに調子は変わらない。
(もっとも先生は念のためなのか投薬を減らしてくれないんだけど、)

理由のない不安感や
終わりのない鬱のときは本当にしんどかった。
3月退院してから家で毎日不安にさい悩まされて
床の上でのた打ち回っていた時には
もうこのまんまマトモには戻れない、
一生胸が苦しくなったりして生きていかなければならないのかと
そう思わされたくらいだったもの。

今だって、多少ストレスに負けやすくとも、
今が鬱状態でもなく不安に潰されてる訳でもない。
そんな中で育児ができたり仕事に行けたりしている。
これってシアワセなことだと思う。

仕合わせ、じゃない。 幸せ、の方。
自分洞察 | 23:21
comments(2) | trackbacks(0)
paperboy&co.
ブログのレンタルならJUGEM(じゅげむ)