カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


<< 文章【片付けられない症候群】 | main | おにぎり、ぎゅっぎゅ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |
- | -
カレーでアルツハイマー予防、金沢大教授ら効果発見
 カレーの黄色成分で、ウコンに含まれる「クルクミン」が、アルツハイマー病の原因となる物質の生成を防ぐ効果のあることが、金沢大大学院の山田正仁教授(神経内科)と小野賢二郎医師らの研究でわかった。

 新たな治療薬の開発につながるほか、痴呆(ちほう)予防に役立つ食生活改善法に生かされそうだ。成果は都内で開かれる日本痴呆学会で30日発表される。

 アルツハイマー病は、脳内で「アミロイドベータ(Aβ)」という物質が線維状に結合して毒性を持ち、付近の神経細胞が死んでいくのが原因とされる。現在、病気の進行をくい止める決定的な治療法はない。

 研究チームはAβを含む溶液にクルクミンを加え、線維化が大幅に抑えられることを確認した。すでに線維化したAβにクルクミンを加えると線維が分解した。赤ワインに含まれるポリフェノールや、ハーブの一種のローズマリーでも同様の効果が得られたという。

 カレーをよく食べるインド人は米国人に比べアルツハイマー病の発症率が4分の1しかないことが知られ、クルクミンを混ぜた餌で育てたマウスは発症しにくいことが示されている。

 研究チームは「クルクミンにアルツハイマー病を防ぐ直接の効果があることがわかった。食生活の改善で発症を遅らせられるかもしれない」と話している。
(読売新聞) - 9月8日14時59分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040908-00000505-yom-soci

特に、
カレーをよく食べるインド人は米国人に比べアルツハイマー病の発症率が4分の1しかないことが知られ、

の部分がすごい統計の結果だなと思い。

アルツハイマーは、どんなに美化しても、やっぱり大変だし
すごく悲しい病気だ。
ひとりでも罹患する方が減るのなら、それほどいいことこの上ない。
お仕事 | 23:07
comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:07
- | -
コメント
もしかしてインド人はカレー作る時にアルミ鍋使わないのかもね
| ちぃ | 2004/09/11 7:03 PM |
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
paperboy&co.
ブログのレンタルならJUGEM(じゅげむ)